BUNT・二つ星の料理人


個人的に料理映画というのはハズレが少ない気がします。「大統領の料理人」「シェフ、三つ星フードトラック始めました」、「幸せのレシピ」など感動モノの名作がたくさんあります(いつかこれらも紹介していきたいと思います)。それでも私が何度も見返してしまうのはブラッドリー・クーパー主演の「二つ星の料理人」。料理に疎い私でも、ものすごく印象に残っている映画です。

ストーリー:この映画は3年前、パリの二ツ星レストランで大きな問題を起こして姿を消してしまった天才料理人、アダム・ジョーンズ一の物語です。ある日アダムはもう一度料理人として再起をはかるため、ロンドンで働く友人トニーのレストランに乗り込みます。アダムは自分を雇えばダメダメなこのレストランを世界一にすると約束し、強気な女性料理人のエレーヌとパリのレストランで働いてた同僚ミシェルなどと共に新しくレストランをオープンしていく。

初めてこの映画を観たときは厨房での怒鳴り声、繊細で美しい料理、そしてロンドンの華やかな雰囲気に引き込まれました。しかしこの映画の見所は個性豊かな登場人物によってアダムが変わっていくところではないでしょうか。
ロンドンでレストランを始めようとしたアダムは、結局はパリ時代の時と変わらず自分の才能だけを信じて、失敗した仲間には怒鳴って攻めるような人間でした。しかし女料理人のエレーヌや友人のトニーなどに慰められて、アダムは変わっていきます。特にライバルで特に仲の悪かったリースが、アダムが挫折して自殺しようとしていたところを止めて助けてくれたシーンが一番印象に残っています。色んな人のアドバイスや言葉が色んな人との付き合い方を考えさせられる映画でした。

この記事へのコメント